バイト探し

高校生や大学生などの学生でも簡単にバイト探しできるサイトはどこでしょうか。最近はスマホから登録やエントリーが出来るところも多いから昔に比べると探しやすい環境が整ってると思うんですけどね。短期で日払い、深夜のコンビニ、主婦もできるバイトなど、自分なりの経験やコツを書いていきます。

バイト探しサイトに登録

バイト探しの情報を書いてます

バイト探し情報画像

昔はアルバイト探しはというと、求人雑誌をめくっては電話をかけて面接を受けての繰り返しでした。高校生や大学生の頃はバイト探しの方法が今ほどありませんでしたので、店の外に求人の募集の張り紙がしてあって、直接履歴書を持ち込むといこともありました。
社会人になると、やはりアルバイトのときの経験が役に立つこともあります。特殊なスキルというよりは、その頃、年齢の離れた人たちと接したことによるコミュニケーションは今でも大切な経験だったのだなと思います。
学生の頃は将来どんな職業に就くかというのは全くイメージできていませんでしたので、特にこういうバイトがいいというのはなく、とりあえず、ある程度の時給があって家から近ければそれでいいかなと思っていました。
最近のアルバイトの状況がどんなのが気になったので書いています。

バイト探しサイトを見つけよう

バイト探しをするコツはやはりスピードでしょう。
特に人気のある仕事や日払いバイトは求人が出てもすぐに決まってしまうこともありますからね。
高額で条件が良いのはみんな探してます。
そんな時は、希望の条件を登録しておけば、メールなどでお知らせしてくれるサービスを利用するのがいいでしょうね。

いろんな条件でバイト探し

漠然とバイトを探すより、具体的にどれくらいの期間、どれくらい稼ぎたいか、どういった内容の仕事、どのあたりの地域、平日か土日の勤務かというのを決めておいた探しやすいかと思います。
条件があまりにも狭いとなかなか見つからないかもしれませんので、その辺のバランスが重要になってくるかと思います。

アルバイトの求人サイトの魅力

昔はアルバイト探しといえば、フロームエーやanのような求人誌を見て、気に入ったのがあれば、そこに直接電話をかけて面接を受けてという流れが当たり前でした。
でも今は違います。
もとろんそういった雑誌で探す方法もありますが、それ以外に、派遣会社を使うという選択もあります。複数の派遣会社に登録しておけば、電話なりメールなりで希望の仕事が合ったときには連絡もくれますし便利ですね。
でも今はスマホ、モバイルの時代です。とても便利なアルバイト求人サイトがありますので、そちらに希望を登録しておくだけでいいんです。もちろん希望のが絶対に見つかるというわけではありませんが、どこかに出向く手間と時間を考えればかなり効率良く探せるのではないでしょうか。
私の経験からすると、面接に行く交通費は当然実費ですから、何件か面接に行くだけでも出費がかさみますからね。
そう考えると、どこからでも閲覧できるバイト探しのサイトは重宝するのではないでしょうか。そして、パソコンからではなくスマホからだとメールもすぐに受けれるし、やはりスピードで考えると、スマホで求人サイトに登録というのが今の時代の流れなのかなと感じます。

高額なバイトを探したい

当然賃金は安いより高いほうがいいと思う人が多いでしょう。探せば日給1万円を超えるようなのもあるでしょうけど、それなら事務職や販売職、軽作業、モニターなど、様々な職種で高額なのもありますが、問題は交通費がどうかということや行くまでにどれくらいの時間がかかるか、そしてそれはこなせるだけの仕事内容かということもあるでしょう。
高額というからには理由があるはずです。それでも時給が高いバイトを狙うなら、それなりの覚悟は必要かもしれませんね。
ただこればかりは働いてみないと分からない部分もありますよね。私も思ったより楽で高額だったのもあるし、その逆で時給は安いのにすごく大変だったってこともあります。だから口コミとか他人の意見を鵜呑みにせず、とりあえず、いろんな経験をするのは今後の役に立つと思います。

バイトの探し方をまとめます

どの方法が良いという話ではありません。人によって違うでしょうし、性格的なこともあるでしょうから。

履歴書を持って直接バイトを探す
履歴書を持って近所のお店などでバイト募集してるところを探して飛び込み。すぐに面接してくれるところもあります。働きたい場所がかなり限定されているならこれもいいでしょうね。
求人募集サイトに登録する
ネット上に展開する求人、アルバイト情報サービスにたくさん登録しておく。お祝い金が出るところもあります。
折込チラシで探す
新聞を取ってるというのが条件になりますが、折込には週末になると求人のチラスがよく入ってます。飲食、介護サービスの求人が多いかな。近場で探すならいいかも。
アルバイト情報雑誌でバイト探し
私もですが、紙の媒体は好きなのですが、スピード勝負なので、その情報誌を見た時点ですでに決まってることもあります。早いもの勝ちですので。

こうしてみると、バイト探しの方法もいくらでもありますよね。もちろん友達の紹介なんかもあるでしょうし、きっかけは様々です。私はこのどれも経験したことがありますが、この方法が一番というのはありません。
それぞれいいところ、困るところはあると思います。何事も経験だと思い、チャレンジするのもいいでしょうね。


ホーム RSS購読 サイトマップ